【結婚前】年下夫が年上妻と付き合うために頑張ったこととは!?

2020年4月22日恋愛, 恋愛, 年下カレシ×年上彼女

結婚前の話

結婚前エピソード。5歳離れている年上妻(当時彼女)と付き合うために、頑張ったこととは?

Left Caption

あきお

こんにちは、あきおです

今日はあきおとみしぇるが付き合う前のエピソード。年下夫目線よりお送りします。

あきおのこれまでの恋愛についてプロフィール

・中学高校と超スパルタの運動部で、学生時代のほとんどを坊主で過ごす
・彼女いない歴長い
・彼女との最短お付き合い記録は1週間www 気になる理由は、「思ってたイメージと違った」から。もしかしてクーリングオフ期間中でしたかね?
・そんなにモテない
・高校デビュー失敗して色気のない高校三年間を過ごす
・とにかくモテない
・大学デビュー失敗。大学時代はバイト三昧、男友達と遊ぶ三昧、モテない

みしぇるのこれまでの恋愛についてプロフィール

・はじめてのお付き合いは中学時代らしい。モテモテ
・一人一人とそれなりに長くまじめにお付き合いしてる
・わりとモテる
・いろんな人と仲良くなれる。コミュニケーション上手、恋愛上手。
・とにかくモテてるイメージ

こんな美女と野獣みたいな組み合わせですが、付き合うまでには色々ありました。

Episode1. 気になる年上女性(今の妻)にアプローチがしたい。先ずはお互いの相性を調べる

Right Caption

あきお

「何回か会ううちにみしぇるのことが好きに!!けどどうやってアプローチすれば良いんだろう・・・」

年上と知り、アプローチ方法も分からず恋愛テクニックの欠片も無かったあきおは、考えた。考えた結果、みしぇるに星座と血液型を聞いて、ネットでお互いの相性を占うという女子中学生みたいなことを20過ぎの社会人にもなってやっていたのだ。「へぇ~、相性いいんだぁ~・・・フフフ」と真夜中に布団の中で一人ほほえむそれは完全にストーカー予備軍である。まっとうな青春を過ごせないと人はこうなります。

Episode2. 年上女性の誘い方が分からない

上記の通り、恋愛テクニックもへったくれもないあきおである。スマートにデート誘う方法(しかも年上)なんて知るはずもない。
あきおは、考えた。いつもLINEでやり取りをしていたが、この日はみしぇるが住んでる家の最寄り駅…の隣の駅(微妙なチョイスww)に行き、「今〇〇駅(隣の駅)にいるんだよね~」とLINEを送る。これは、あきおなりの「もし、お時間あったら一緒に会いませんか?」という精一杯のアプローチ。南米の鳥なら今まさに求愛ダンス踊ってる最中。しかしそんなウルトラ遠回りなお誘いが通用するはずがない。「そうなんだぁ~」と返事が来て、

糸冬

その日はそのよく知りもしない駅で一人カラオケして帰りました。

Episode3. 年上女性に愛の告白。無言で30分待たせる事件

そんなあきおだが、何回かデートを重ね、ついに告白のチャンスが訪れる。デートの終盤、誰もいない静かな公園でベンチに座ってちょっと一休み。これは一世一代のチャンス。むしろここを逃したら終わりだ。

いけ、あきお、いけ!!!

もう頭の中の中は告白したい!!!でいっぱい。ただ、言葉に詰まる…。実はあきお、過去3回女性に告白しているが全敗。0勝3敗。いろんな走馬灯が駆け巡る。失敗したら嫌だなぁ…みしぇるとも気まずくなって会えなくなるのかなぁ…
いろんなこと考えてたら途中から無言になり、二人とも無言で30分近く公園のベンチに座ったままwww (完全に放送事故や…)

「好きです 付き合ってください」

30分待たせておいてようやく5秒弱のセリフが言えました。みしぇるからOKの返事もいただき、二人は付き合うことに。後日談ですが、妻みしぇるはあきおの恋愛観がここまで素人童貞丸出しだったとはあまりバレてなかったそうな。逆に、「オレたち付き合っちゃわない!?」みたいな慣れた感じのチャラいノリじゃなく、ど真ん中ストレートで告白したのが高評価だったようです。(これは完全に結果オーライ…)

そんなこんなでお付き合いがはじまり、そのまま結婚して今に至ります。
そのうちみしぇるバージョンも書いてくれるのかな?最後までご覧頂きありがとうございます。 あきお

→書きました〜
【結婚前】年上妻が年下夫と付き合う前に考えていたこととは!?(妻ver)